宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

浄土(じょうど)

仏教において仏や菩薩がいるとされている一切の穢れや煩悩がない場所を指す用語。

解説

仏様や菩薩様がいらっしゃるとされている穢れや煩悩が一切ない場所を浄土といいます。浄土には西方極楽浄土や東方浄瑠璃浄土などの種類があるとされています。浄土に対して煩悩によって穢されている地を穢土(えど)といいます。浄土という言葉は本来の意味では宗教的理想郷を指し示す言葉でしたが、日本では浄土宗や浄土真宗が広く浸透したことにより、浄土といえば阿弥陀如来の西方極楽浄土を指す言葉となっています。

浄土と浄土教

浄土と浄土教には文字を見るとわかるように密接な繋がりがあります。

そもそも、浄土宗や浄土真宗などの浄土教は念仏を唱える事で浄土(阿弥陀如来の西方極楽浄土)へ導いて貰えるという考え方が根幹にあります。
浄土教が広まる前までは悟りを開き悩みや苦しみから解放されるには厳しい修業を積んで煩悩を取り払う必要がありました。これは僧侶ではない一般人にとっては難しい事でした。しかし、浄土教が広まったことにより念仏を唱えることで一般人でも浄土に導いて貰えるようになり、人々は浄土に対して強い憧れを持つようになりました。これが日本において浄土信仰が根強い理由とされています。

このように浄土教において浄土はその根幹となる重要なものなのです。

電話をかける(無料) 資料請求