宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

十三仏(じゅうさんぶつ)

十三ある法事をそれぞれ守護する仏・菩薩のこと指す用語。

解説

十三仏(じゅうさんぶつ)は、初七日法要から始まり三十三回忌までの法事をそれぞれ守護し、死去した人を極楽浄土へ導く役割を持った仏・菩薩の総称のことです。なお、元々仏教の起源であるインドでは、故人は冥界に存在する十人の審判官から七日ごとに審判を受けるという十王信仰という考えがあり、鎌倉時代くらいまではその思想に準じていました。それが少しずつ変容し、江戸時代に入ってから追加で3人の仏・菩薩が入って十三仏になったのです。十三仏それぞれの役割については下記をご参考ください。

十三仏の役割

不動明王

不動明王は初七日の審判に携わっており、人の煩悩や未練を断ち切り冥界へ誘う役割を担っています。憤怒の表情で、右手に剣、左手に衆生済度の象徴である羂索を持っているのも特徴です。

釈迦如来

釈迦如来は二七日の審判に携わっているだけでなく、仏教の開祖としても有名です。死を迎えたが仏教をよく知らないという方に向けて本来の教えを説く役割も担っています。

文殊菩薩

文殊菩薩は三七日の審判に携わっており、「三人寄れば文殊の知恵」ということわざもある知恵を司る菩薩です。釈迦如来から仏教の教えを受けた人に、活用方法を伝授します。

普賢菩薩

普賢菩薩は四七日の審判に携わっており、情を持って人を救うことで煩悩を打ち砕いたり、悟りを拓く助力を担っています。

地蔵菩薩

地蔵菩薩は五七日の審判に携わっており、四七日まで冥途を旅した結果六道に堕ちてしまった人に救いの手を差し伸べる役割を担っています。

弥勒菩薩

弥勒菩薩は六七日の審判に携わっており、第二の釈迦如来として説法を引き継いだ菩薩です。

薬師如来

薬師如来は七七日の審判に携わっており、このタイミングで死者世界と現世との関係が断ち切られ苦しむ人を助ける役割を担っています。

観世音菩薩

観世音菩薩は百箇日に携わっており、慈悲の菩薩として人の願いに応じて最大で33の姿に変身し死者を救う役割を担い、阿弥陀如来まで導きます。

勢至菩薩

勢至菩薩は一周忌に携わっており、頭にある冠についている水瓶から無限ともいえる知恵を分け与えることができます。これにより人々を救うと考えられています。

阿弥陀如来

阿弥陀如来は三回忌に携わっており、極楽浄土にいる住人に対して教えを説くことで正しい道へ導く役割を担っています。

阿閦如来

阿閦如来は七回忌に携わっており、物事に動じることのない堅固な意思を持っているとされています。

大日如来

大日如来は十三回忌~二十七回忌に携わっており、これまで11人の仏から受けてきた教えの理解度や悟りの深さから判断して、その上へ導く役割を担います。

虚空蔵菩薩

虚空蔵菩薩は三十三回忌に携わっており、誰もが菩薩になれるのだという教えを説きます。また、涅槃へと至るのには虚空蔵菩薩の教えが必要です。

電話をかける(無料) 資料請求