宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

手水の儀(ちょうずのぎ)

神道において葬儀など儀式の前に行う、水を用いて身を清めるために行う作法。神社を参拝する際に行われることも。

解説

神道において葬儀など儀式を行う前には水を用いて身を清める必要があります。これを手水の儀といいます。手水の儀は儀式の前以外にも神社を参拝する際に行われます。

手水の儀では最初に右手に持った柄杓で水を汲みます。次にその水を左手にかけて左手を清めます。次に柄杓を左手に持ち替えて同じように右手を清めます。両手を清めたら再び柄杓を右手に持って左の手のひらに水を受け、その水で口をすすぎます。口をすすいだらもう一度左手に水をかけます。最後に柄杓を立てて柄の部分に水をかけたら柄杓を元に戻します。

手水奉仕の作法

手水には自分で柄杓に水を汲んで身を清める手水とは別に手水奉仕とよばれる手水の方法があります。手水奉仕では巫女さんなどから水を手に受けて身を清めます。

手水奉仕の作法については以下のようになります。

1:神官や巫女から手水を両手に受ける
2:両手を清める
3:再び水を両手で受けて口をすすぐ
4:最後にもう一度水を両手で受けて両手を清める
5:拭紙で手と口を拭く

電話をかける(無料) 資料請求