宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

釈号(しゃくごう)

浄土真宗において、死去した人につける法名の上につける語のこと指す用語。釋号とも表記する。

解説

釈号(しゃくごう)とは浄土真宗特有の考えであり、死去した人の法名の上につける語のことでお釈迦様の弟子になったことを示しています。一般的に法名は、男性は釈(釋)+2文字、女性は釋尼+2文字で構成されています。また、法名と戒名は混同して理解されがちですが、法名は”生前に”お釈迦様の弟子になることを誓うことが前提の物であるため、その本質は異なります。加えて法名には戒名のように院号・道号・位号に代表されるランクを示すものが存在していないのも特徴の一つです。

電話をかける(無料) 資料請求