宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

数珠(じゅず)

仏式の宗教儀式に用いられる珠に糸を通して輪のように繋げた仏具。

解説

小さな穴をあけた珠(たま)複数個に糸を通して輪のように繋げた仏具を数珠といいます。数珠は仏式の宗教儀式に用いられます。特に葬儀では数珠は必須となります。数珠の珠の数は基本的には108珠とされていますが、一般的には片手数珠と呼ばれる珠の数が少ない簡略された数珠が使用されます。数珠の形状や素材については宗旨・宗派によって決まりがある場合があるため、購入の際には注意が必要です。

数珠の素材については菩提樹・水晶・翡翠・珊瑚など様々なものがあり、素材によって価格が異なります。近年ではガラスや樹脂で作られた数珠も多く販売されています。

数珠の使い方

数珠の使い方は宗旨・宗派によって若干の違いもある場合がありますが、基本的には以下の通りです。

数珠の使い方
・葬儀や法事などにおいて仏様などに合唱する際に両手にかける
・合掌以外において手に持つ際は房を下に垂らして左手に持つか、左手首にかける

数珠の扱いとマナーについて

数珠は大切な仏具ですので扱い方についても注意が必要です。数珠は常に左手に持つようにし、使わない場合は袋に入れるか、袱紗などの上に置くようにしましょう。畳や床などに直置きするのは避けましょう。また、数珠は他人から貸し借りするのは避けるようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求