宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

注連縄(しめなわ)

神道において、現世と常世を分ける印のこと指す用語。七五三縄・標縄・しめ縄・〆縄とも表記する。

解説

注連縄(しめなわ)とは、神道における考え方であり、人間が生きている世界(現世)と神様が住んでいる世界(常世)を隔てる印のことです。注連縄の設置された場所には結界が貼られるとされており、不浄な物=邪気が入ってこれないようになるので、新年の際、玄関先に飾り付ける家庭も多いようです。また、新年は年神様と呼ばれる五穀豊穣をもたらしてくれる神様が下りてくる日でもあり、豊作や家族の健康を願ってという意味合いでも飾られています。
起源としては日本神話で、天照大神(天照大御神)が天の岩戸から出た際に再び岩戸に入らないように封じ込めたという逸話から来ているとされています。
注連縄は玄関先以外にも神棚にも飾りますので、その役割や注意点は下記でご紹介いたします。

神棚における注連縄

自宅や職場に神棚をお持ちだという方の中には、神棚を注連縄で飾り付けた経験をお持ちかもしれません。神棚は神様・ご先祖様をお祀りするための神聖な場所であるため、それ自体が常世を示すものだと考えましょう。これを注連縄で飾り付けることによって神様のいる場所に邪気が入り込まないようにすることが可能です。取り付け方については特に決まりはありませんが、しめ縄に紙垂とよばれる稲妻の形をした紙をつけることは忘れないようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求