宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

生前葬(せいぜんそう)

亡くなる前に行う自分自身の葬儀を指す用語。

解説

本人が亡くなる前に自分自身で執り行う葬儀を生前葬といいます。生きているうちにお世話になった人や友人にお別れの挨拶をしたいという目的で執り行う方が多くなっています。一般的に生前葬は多くの人が抱く「葬儀」とはかけ離れたイメージのものが多く、どちらかというとお別れ会のようなものとなります。生前葬は無宗教葬として執り行われることが多く、本人からの挨拶の他、音楽の演奏やムービーの上映などが行われます。また、ホテルでの立食パーティーのようなものやお酒が提供されることも多々あります。

なお、一般的に生前葬は個人よりも芸能人や文化人によって執り行われることが多くなっています。芸能人や文化人がファンや関係者に別れを告げる場として、自身の活動停止を伝える場として生前葬を執り行う場合もあります。

生前葬を行った人が亡くなった場合は?

生前葬について考えると「生前葬を行った人が亡くなったなら、もう一度葬儀をするのだろうか」という疑問を持つ人がいると思います。

生前葬を行った人が亡くなった場合、あらためて葬儀を行うかどうかは、遺族や本人の遺言などによります。遺族が希望する場合や本人が遺言で再度の葬儀を希望していた場合はあらためて葬儀が執り行われます。
また、生前葬は無宗教葬にて行われることが多く、お別れ会形式のようなものも多いため、生前葬をしていても仏式にてもう一度葬儀を執り行う人も多くいらっしゃいます。特に芸能人や文化人の生前葬はファンや関係者へのお礼とお別れを目的としているものが多いため、亡くなった後に親族や関係者だけで葬儀を執り行う場合があります。

電話をかける(無料) 資料請求