宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

死に水(しにみず)

死亡が確認されたすぐ後に家族が故人に施す、口元を水で濡らす儀式のこと指す用語。末期の水ともいう。

解説

死に水(しにみず)とは、死亡が確認された後、故人が旅路にて喉の渇きに苦しまないようにとの考えから、家族によって口元を水で濡らす儀式のことです。死に水の由来は仏教の開祖であるお釈迦様の最期に、水を欲したことがきっかけとされており、お釈迦様は最期に水を口にしたことで安らかに旅立つことができたとされています。
死に水の流れについては下記を参考にしてください。

死に水の流れ

水・脱脂綿・箸を用意する

まずは茶碗などの容器に水を汲み、脱脂綿を先端に巻きつけた箸を用意してください。地域によっては脱脂綿の代わりに樒の葉を用いたり、箸の代わりに新調した筆を使用したりする場合もあります。いずれにしても、箸などを持ち手部分にして、脱脂綿に水を湿らせて故人に水を与えます。

一人ずつ死に水を行う

死に水は故人との関係性が近い人から1人づつ行うのが基本です。具体的には喪主・配偶者から順に子供・両親・兄弟姉妹・子供の配偶者・孫の順番となります。なお死に水は、故人の唇を左から右へやさしくなぞるように濡らすのが作法であり、故人の口内に無理矢理入れてはいけません。

故人の顔をきれいにする

死に水を終えた後には、余分な水分を拭き取って薄っすら湿らせた脱脂綿で故人の顔全体をきれいに拭きます。

電話をかける(無料) 資料請求