宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

四華花(しかばな)

葬儀時の飾りのことで、白紙に細かく切れ目を入れて棒や竹串に巻き付けたものを指す用語。

解説

四華花(しかばな)とは、葬儀の葬具のことで白い紙に横から切れ目を入れて、棒や竹串に巻き付けたもののことです。現代ではめっきり見る機会のなくなった四華花ですが、古くは大切な人がなくなったことで、親族が悲しんでいる様子を表現するものとして使われていました。また、これは釈迦が亡くなった際に沙羅双樹(さらそうじゅ)の白い花が体を覆ったことに由来しており、死者が涅槃に入ったことの象徴になっています。なお、「四華」と名付けられた理由としては、死者の成仏のために四華花を四個用意する必要があったためです。
四華花以外にも葬具はいくつか存在していますので、下記でご紹介いたします。

四華花以外の葬具

松明

葬儀時に僧侶が引導を渡す目的で投げられるものです。昔は実際に松明に火を灯していたようですが、現在では危険性がの面から火をつけていないろうそくを投げて、故人を仏道へと導いています。

四本旗

魔を祓うために棺の四隅や前に配置されるものです。四本旗には仏教の教えが書かれており、これを出棺と一緒に送り出します。

電話をかける(無料) 資料請求