宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

成仏(じょうぶつ)

死後において、現世に未練を残さず天国に行くことを指す用語。

用語集

死後において、現世(この世)に未練を残さずに極楽浄土(あの世)に行くことを成仏といいます。成仏できない場合は死後も霊が現世をさまよい続けるものとされています。この成仏という概念は仏教に由来するものですが、仏教における本来の成仏に関する考え方は少し異なります。成仏を未練を残さずに天国に行くことという考え方は仏教国の中でも大変珍しくほぼ日本固有のものであるとされています。

仏教において本来の意味での成仏は「悟りを開いて仏になったもの」を表します。

「成仏」の意味が日本固有なわけ

様々な仏教国の中でも成仏の意味合いが日本だけ異なります。これは日本で仏教が独自の広まり方をしたのが要因であるとされています。日本では「南無阿弥陀仏を唱えると極楽浄土に行ける」と説いた浄土宗が広く広まりました。浄土宗が広く広まったことによって人々の中で極楽浄土という概念が強く植え付けられるようになりました。また、当時の労働階級では生活が苦しかった人も多かったため、極楽浄土に対して強い憧れを持っている人も多くいました。

このような背景から成仏という言葉の意味合いが本来の意味合いから「現世に未練を残さずに極楽浄土に行くこと」に変わったと考えられています。

電話をかける(無料) 資料請求