宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

非信徒(ひしんと)

葬儀において、その葬儀の宗旨・宗派とは異なる宗教を信仰している者を指す用語。無宗教者も含まれる。

解説

主に葬儀において、その葬儀を執り行う宗旨・宗派とは異なる宗教を信仰している参列者を非信徒といいます。非信徒には特定の宗教を信仰していない無宗教者も含まれます。
焼香など葬儀の流れにおいては基本的には故人の宗旨・宗派に合わせるのが一般的です。

日本の葬儀では非信徒が多い

現在の日本では無宗教の人がかなり増えています。ある調査では実に日本人の約50%が無宗教という調査結果もあります。葬儀において無宗教の人はいわゆる非信徒となります。つまり、葬儀場にいる半分の人は非信徒ということになります。
非信徒の場合において焼香手順などは故人の宗旨・宗派にあわせる必要があります。

したがって焼香のタイミングになってから、焼香の作法で迷わないようにあらかじめ参列する葬儀の宗旨・宗派について調べておき、焼香の作法などについて事前に調べておくようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求