宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

ペット葬(ぺっとそう)

犬や猫などペットの葬儀を指す用語。

解説

犬や猫などペットの葬儀をペット葬といいます。ペット葬を執り行うには業者に依頼するのが基本です。ペット葬は人と同じように行われることは稀で基本的には火葬のみとなります。しかし、最近ではペット専門の葬儀場や霊園なども増えてきており、業者やサービスなどによっては位牌や納骨堂まで用意されているものもあります。サービスの内容などは業者やプランによって異なるため、事前によく確認するようにしましょう。

また、最近ではペットの遺骨をアクセサリーなどにして供養する方も増えているようです。

ペット葬の流れ

ペット葬は人の葬儀とは異なるペットならではの葬儀の流れとなっています。ここでは代表的なペット葬の流れをご紹介します。

葬儀社への連絡、お迎え

ペット葬を執り行うには、まずペット葬専門の葬儀社に連絡します。葬儀社に連絡すると葬儀社が火葬車で迎えにきます。葬儀社が到着するまでペットの遺体を保冷剤で冷やすなどしておきます。

納棺

葬儀社が到着するとスタッフがペットの遺体のお清めやドライアイスでの冷却などの処置を行います。その後、お布団に包んで納棺となります。納棺の際には花束やペットが好きだったおもちゃ、食べ物などを一緒に入れることもできます。

火葬

納棺後は火葬車にて火葬を行います。ペット葬の場合は火葬ができる専用車両で火葬するため火葬場まで足を運ぶ必要がありません。火葬後は収骨をして遺骨を拾います。

電話をかける(無料) 資料請求