宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

仏具(ぶつぐ)

故人や仏様の供養など仏教の儀式などで使用される道具を指す用語。

解説

故人や仏様の供養など仏教の儀式において使われる道具を仏具といいます。仏具には仏像・仏壇・経典・木魚・鈴など様々なものがあります。仏具の中でも特に重要な香炉・燭台・花立は三具足(さんぐそく)と呼ばれています。

仏具の歴史

現在では仏具というと供養のための道具という印象が強いですが、かつては仏具といえば修行中の僧侶が持つものを表していました。仏教では本来、最低限の着物と食器以外は持つべきではないとされていました。しかし、仏教が広まり、発展していく中で最低限の日用品や金品を持つことを許す宗派が出てくるようになりました。こうした事から仏具という本来の言葉の意味は薄れつつあります。

一方で仏教が広がるにつれて儀式や供養を行うための様々な道具が開発されるようになりました。こうした儀式や供養を行うために使う三具足のような道具を現在では仏具と呼ばれています。

伝統的な仏具

仏具は儀式や供養のための道具ですが、発展の途上で当時の文化などの影響を大きく受けたこともあり、芸術的な価値が高いものもあります。また、製造の過程で磨かれた高度な技術によって伝統工芸品に指定されている仏具も多々あります。

電話をかける(無料) 資料請求