宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

真言宗(しんごんしゅう)

大乗仏教の宗派を指す仏教用語。

解説

真言宗(しんごんしゅう)は、中国の唐に渡り真言密教を学んだ空海によって、平安時代に開かれた大乗仏教の一つです。また、真言宗の特徴としては、修行によって宇宙の真理を極めて、大日如来と一体化することで人間の姿のまま悟りを開く「即身成仏」を説いていることが挙げられます。
なお、平安時代の貴族の間で爆発的に広まった「密教」というものは、ほかの仏教とは違い、全ての人に等しく儀式や儀礼の方法が公開されているわけではありません。真言宗の教義は師から弟子へ直接口頭で伝えられるため、神秘のベールに包まれている部分もあります。真言宗は長い歴史の中で十八の本山と十六の宗派に分かれていきながら、現代でも数多くの信者を有しています。
加えて、平安時代には真言宗と並んで天台宗も台頭してきており、最澄によって伝えられた天台宗を大密と呼び、真言宗を東密と呼びます。
真言宗の葬儀は大日如来が支配する「蜜厳浄土」に故人を送り届けるために行われますので、特徴をいくつか下記でご紹介いたします。

真言宗の葬儀の特徴

数珠

真言宗の葬儀では108個という非常に多くの玉が連なった数珠を使用します。持ち方としては、房は外で、両の中指に掛けるようにして合掌をしてください。また、合掌後には玉を擦り合わせます。

焼香

真言宗においての焼香の作法としては、抹香をつまんで額に押しいただき、香炉に入れる動作を三回繰り返します。

位牌

真言宗の位牌には大日如来の弟子であることを意味する梵字が刻まれます。

電話をかける(無料) 資料請求