宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

墓地(ぼち)

墓を建てるための場所を指す用語。霊園とも。

解説

お墓を建てるための場所を墓地といいます。墓地には都道府県や市区町村が管理・運営する公営墓地、民間企業が管理・運営する民営墓地、お寺が管理・運営する寺院墓地の3つの種類があります。それぞれの墓地には次のような特徴があります。

公営墓地

都道府県や市区町村が管理・運営する公営墓地の最大の特徴は取得費用が安いということです。お墓を建てる際にお墓の土地を取得する費用は大きな負担となるため、取得費用を抑えられる公営墓地は高い人気を誇ります。そのため、公営墓地を取得する際の競争率は高く、希望通りに墓地を取得できない場合も多々あります。

民営墓地

民営墓地は企業などによって管理・運営されている墓地です。民営墓地ではお墓を建てる土地の面積を自由に決められます。また、公営墓地に比べると好きな墓地を選べる可能性が高いのも特徴です。
民営墓地は柔軟に墓地を選定できる分、公営墓地に比べると取得費用が割高になります。

寺院墓地

寺院墓地は寺院によって管理・運営されている墓地です。寺院墓地は特定の宗派・宗旨のみに限定しているなど受け入れに対して条件が多いのが特徴です。また、寺院墓地にお墓を建てるには檀家になる必要がある場合もあります。寺院墓地の場合は各種法要などを執り行う際に僧侶を探す必要がないというメリットもあります。

宗教不問と宗旨・宗派不問

墓地を探していると「宗教不問」「宗旨・宗派不問」という表示を目にすることがあります。これらは受け入れるお墓についての条件を表すものとなります。宗教不問については仏教だけではなく、キリスト教など宗教を問わずに受け入れることを表します。一方で宗旨・宗派不問という表示は在来仏教であることを条件にどのような宗派でも宗旨でも受け入れるということを表します。

電話をかける(無料) 資料請求