宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

白木位牌(しらきいはい)

葬儀の際、祭壇上に置く仮位牌のことを指す仏教用語。

解説

白木位牌(しらきいはい)とは、葬儀のタイミングで祭壇の上に置かれる仮の位牌のことです。白木位牌は「野位牌」とも呼ばれており、現代のように霊柩車や斎場が存在しなかった時代には、葬儀は自宅でされるのが一般的でした。葬儀後の遺体は近親者や地域の人たちが棺を担ぎ、埋葬地にまで運ぶ「野辺送り」をしていたことでその名がついたとされています。
白木位牌に記載されているのは、享年・俗名・戒名の3つで、それぞれ「生きていた年数」「生きていた時の名前」「仏教徒になった際の名前」を意味しています。また、白木位牌は四十九日法要の際に本位牌に
魂入れをした後に処分されます。処分方法は下記を参考にしてください。

白木位牌の処分方法

白木位牌の処分に最も適した方法は、僧侶に依頼してお焚き上げの供養をしてもらうことです。なお、本位牌への魂入れが終わっているのであれば、後飾りと一緒にして、一般ゴミで捨てても構わないとされています。ただし、近所の方の目が気になるというのであれば葬儀社に連絡をして引き取ってもらうというのも手段の一つです。なお、後飾りを葬儀社からレンタルしているのであれば、返却の手続きをしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求