宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

初七日法要(しょなぬかほうよう・しょなのかほうよう)

故人の死去日から、七日目に行われる法要のことを指す仏教用語。初七日忌ともいう。

解説

初七日法要(忌)は、故人の死去日から数えて七日目に行われる法要のことです。故人が無事に三途の川を渡れるようにという意味の下、葬儀を終えてから初めて営む忌日法要および追善供養でもあります。また、最近では葬儀と同時に初七日法要をするケースもよく見られますが、タイミングによって「繰り上げ初七日」と「繰り込み初七日」の2種類に分けられ、火葬前に初七日法要を行う方式である「繰り上げ初七日」が多く選ばれています。
下記では初七日法要の流れや費用をまとめておりますので、ご参考ください。

初七日法要の流れ

日程を決める

法要や法事をする際には、まず日程を決める必要があります。年忌法要であれば土日に予定を組むこともできますが、初七日法要は可能であれば死去日からの数えで七日目に行えるようにしてください。

僧侶に声掛けをする

日程が決まったら、会館・自宅・お寺といった会場候補から都合に合わせて予約を取りましょう。その後、僧侶に日程と会場を伝えます。

案内状を送る

日程・会場・僧侶の手配が完了したら、最後に参列者に案内状を送りましょう。葬儀と同時に初七日法要をするのであれば、遺族・親族・会社関係者・友人・その他が対象といった具合です。葬儀とは別日にする場合は、葬儀後すぐということもありますので、遺族・親族のみが対象ですので、招待状は必須ではありません。

読経・焼香をする

初七日法要では、僧侶による読経や参列者による焼香が行われます。

会食(お斎)をする

基本的に僧侶は読経と焼香が終わり次第退場するという流れが多いようです。僧侶を含めて会食(お斎)の席を設ける場合にはその手配と連絡をしておきましょう。

初七日法要の費用

初七日法要でかかる費用は、僧侶へのお布施代・お車代・御膳代に加え、会場費・お斎の料金となります。
お布施代は3〜5万円が相場です。そして、お車代を5,000円ほど、御膳代も5,000円ほどをお包みします。会場費に関しては、使用する施設によって利用料金は異なりますが、お寺を利用する場合の相場は1万円ほどになります。お斎の料金は、一人あたり3,000〜5,000円分が相場です。

電話をかける(無料) 資料請求