宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

月命日(つきめいにち)

故人が亡くなった日にちと同じ日にちを表す用語。ただし、月は問わない。

解説

故人が亡くなった月は問わず、亡くなった日にちと同じ日にちを月命日といいます。例えば、個人が亡くなった日にちが1月23日だった場合、毎月23日が月命日となります。月命日は何か特別な法要を行うことは基本的にはありませんが、故人を思い出し、故人が好きだったものをお供えをするなど自由な形で供養します。基本的に月命日は故人を思い出して供養する日と考えておけば間違いないと思います。

なお、月命日をいつまで行うべきなのかと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に月命日には「いつまで」というものはありません。月命日は本来「故人を思い出し、供養する日」ですので故人を思う気持ちがあればできる限り続けるのが理想です。その一方で月命日は必ず行う必要はないため、体力的に難しい場合など何らかの事情があれば無理して続ける必要はありません。

電話をかける(無料) 資料請求