宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

精進落とし(しょうじんおとし)

故人を偲んでする食事のことを指す仏教用語。

解説

精進落とし(しょうじんおとし)とは、故人を偲んでする食事のことを指す言葉で、昔と今ではその本質が変容しています。元来の精進落としとは、人間が亡くなった際には、仏教の考えに従って肉や魚などの生もの(殺傷したのち調理する必要がある食材)を口にしないという習慣がありました。これは、故人が無事に極楽浄土へたどり着いて欲しいという気持ちを込め、四十九日までの間は精進料理を食べることを表しています。その後、四十九日を迎えた時に、精進料理を食べる期間が終わり、肉や魚なども食べて通常の食事に戻ることをそう呼んでいました。
現代では、以前のように四十九日まで肉や魚を食べないという決まりを守る風習は見られなくなりました。また、精進落としのタイミングも場合によっては四十九日を待たずに、火葬や初七日法要の際にすることもあります。そのため、今では参列者へのお礼と故人の供養を兼ねて出される食事全般のことを「精進落とし」と認識するようになっています。地方やしきたりなどによっては、帰宅時に折り詰め料理を手渡すこともあります。
会食の場には僧侶も招きますが、僧侶が辞退した場合には御膳料を渡す必要があります。宗派・宗旨などにより、お斎・精進明け・精進落ち・精進上げなど呼び名が変わる場合がありますが、全て同じ行為のことなので勘違いしないようにしましょう。
なお、状況によっては精進落としをしないという選択肢を選ぶ方もいるようです。

電話をかける(無料) 資料請求