宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

生前墓(せいぜんぼ)

亡くなる前に建てておく墓を指す用語。寿陵とも。

解説

亡くなる前に建てておく、お墓の事を生前墓ともいいます。亡くなる前にお墓を建てるというとなんとなく縁起の悪い気がするかもしれませんが、生前墓には様々なメリットがあり、最近では生前墓を建てる人が増えています。
生前墓を建てることには様々なメリットがありますが、一番のメリットは自分の死後に残された人に負担をかけないというのがあげられます。

生前墓を建てた場合、墓石には赤字で名前が彫られます。

生前墓を建てるメリット

生前墓を建てることには様々なメリットがあります。ここではその中でも代表的なメリットをご紹介します。

残された人に負担をかけない

自身が亡くなる前にお墓を建てておけば、残された人にお墓を建てさせる負担を減らすことができます。お墓を建てるには精神的にも金銭的にも負担がありますが、生前墓を建てておけばこうした負担をかけることがありません。

相続税対策になる

お墓は相続税の対象外となるため、生前墓を建てておくことは相続税対策になります。お墓用の費用として現金で相続すると相続税の対象として課税されますが、生前墓を建てておけば相続税を課税されません。

好きなデザインを選べる

生前墓であれば亡くなる前にお墓を建てることができるため、お墓のデザインや場所など自分の好きなようにできるのもメリットです。自分が入るお墓にこだわりがある人は生前墓を建てておくとよいでしょう。

生前墓のデメリット

メリットが多い生前墓ですが、いくつかのデメリットもあります。

生前墓の一番のデメリットは家族や親族の理解を得られない場合があるということです。いくら生前墓を建てる人が増えているといっても、まだまだ亡くなる前にお墓を建てることに抵抗がある人は多くいます。生前墓を建てる際に親族から反対されることもあるかもしれません。

また、そもそも親族に相談せずに生前墓を勝手に建ててしまうと立地条件などによってはお墓を管理する親族に大きな負担を与えてしまう可能性もあります。こうしたことを未然に防ぐためにも生前墓を建てる際は親族などとしっかりと相談しておきましょう。

電話をかける(無料) 資料請求