宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

精進料理(しょうじんりょうり)

仏教の戒に基づき、肉や魚を使わず野菜などを使って作られる料理。

解説

仏教では殺生(命を奪うこと)は最も重い罪であるとされていることから肉や魚を食べることを禁忌であるとしています。そこで肉や魚を使わずに野菜などを使った料理が作られるようになり、これを精進料理と呼ぶようになりました。古くは一般人も精進料理を食べていましたが、現在では主に修行を行う僧侶が食べるものとなっています。

精進料理には野菜が中心に使われているほか大豆など植物性の原料を加工して肉などを模した料理(がんもどき等)が作られるのが特徴です。

近年ではダイエットや美容目的で精進料理を食べる方や外国人観光客からの人気によって精進料理が再び注目を集めるようになっています。

日本料理を発展させた精進料理

精進料理はわかりやすく言えばお寺で修行をするお坊さんの為の料理でした。そんな精進料理は「肉や魚を使わず野菜だけでいかに美味しく、毎日食べても飽きない料理を作れるか」ということを徹底的に研究して作り上げられました。特に曹洞宗では料理も修行の一つであるという考えがあったため、精進料理を大きく発展させたといわれています。

こうしたことから精進料理は当時の一般的な食事に比べてもはるかに美味しい料理となり、お坊さん以外の一般庶民からも食べられるようになったと言われています。それだけ当時の精進料理の完成度が高いものであったのでしょう。

そして、精進料理に使われる食材の調理法などの技術は日本料理にも応用されるようになりました。現在でも食べられている懐石料理は精進料理を発展させたものです。

また、近年では訪日外国人のために精進料理をさらに発展させ、グルテンフリーの精進料理なども登場しています。

電話をかける(無料) 資料請求