宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

自由葬(じゆうそう)

仏教など宗教のしきたりや様式に囚われずに執り行う葬儀。

解説

仏教などの宗教ごとに決められたしきたりや様式などに囚われずに執り行う葬儀を自由葬といいます。近年では葬儀に関する価値観などの変化に伴い、自由葬を選択する人が増加傾向にあります。自由葬には個人の好きだった音楽を中心に行う音楽葬や特定の宗教に囚われない無宗教葬、厳格なしきたりなどを省き和やかな雰囲気で行われるお別れ会形式の葬儀など様々なものがあります。

自由葬は葬儀の中身を自由に決めることができるため、他にはない故人らしさが現れた葬儀を執り行うことができるのが最大のメリットです。

自由葬のメリットとデメリット

自由葬には様々なメリットとデメリットがあります。ここでは自由葬の代表的なメリットとデメリットをご紹介します。

自由葬のメリット

自由葬の最大のメリットは自由なお葬式を挙げられることです。葬儀の内容を自由に決めることができるため、故人らしい葬儀や思い通りの満足度の高い葬儀を執り行うことができます。また、自由葬では基本的には特定の宗教に囚われない無宗教のお葬式となりますので宗教者へのお布施なども不要となり、葬儀費用を抑えることができます。

自由葬のデメリット

自由葬の最大のデメリットは親族や関係者などの理解を得られない可能性があるということです。自由葬は比較的新しい葬儀となるため、人によっては理解してもらえない可能性があります。こうしたことを未然に防ぐためにも自由葬を行う際は親族などに丁寧な説明と確認を行う必要があります。また、自由葬は文字通り自由な葬儀となるため葬儀の内容を喪主が決める必要があります。こうしたことが負担となることもデメリットの一つと考えられます。

電話をかける(無料) 資料請求