宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

死装束(しにしょうぞく)

死者に着せる衣装全般のことを指す用語。

解説

死装束(しにしょうぞく)とは、遺体を棺に納める際に着せる衣装のことです。本来の死装束は白一色のものを使用していましたが、最近では愛用していた私服を着せることも多いようです。また、あの世とこの世を区別する考えである、「逆さごと」の流れから、着衣の際”反対に着せる”ことを覚えておかなくてはなりません。
なお、死装束と聞いて着物をイメージする方も多いと思いますが、それではありませんので下記でいくつかご紹介いたします。

代表的な死装束

経帷子

経帷子(きょうかたびら)は死者に着せる白い着物のことです。梵字で真言や念仏を入れる場合もあり、故人が無事浄土に辿り着くことを願って着用させます。

手甲

手甲は、手の甲から腕までを覆う装具のことです。死装束における手甲は故人の手の甲のみを覆うもので、布製で日よけや汗を拭うなどの役割を持ちます。

頭陀袋(ずたぶくろ)・六文銭(ろくもんせん)

頭陀袋は肩にかけて持ち運ぶ袋のことで、六文銭はその頭陀袋に入れる印刷されたお金のことです。三途の川を渡る際にはお金が必要になるとされ、6体の地蔵菩薩に六文銭をお供えすることで渡れると言われていますので、棺に入れておきます。

脚絆(きゃはん)・足袋(たび)・草履

脚絆は故人の膝下を覆う装具のことで、足袋は靴下の役割を担う履物のことです。いずれも防寒など足を保護する目的で用いられます。そして、それらを着用した上で草履を履かせます。

電話をかける(無料) 資料請求