宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

霊柩車(れいきゅうしゃ)

故人の遺体を納めた棺を火葬場まで運ぶための自動車。

解説

故人のご遺体を納めた棺を葬儀場(自宅)から火葬場まで運ぶための自動車を霊柩車といいます。霊柩車は法律で事業用自動車に分類されるため通常の白ナンバーではなく緑ナンバーを付ける必要があります。霊柩車には棺を載せるための特別な装備が取り付けられています。霊柩車と言えば豪華な宮型が一般的でしたが、最近では洋型の霊柩車が使われることが増えているようです。

なお、個人が亡くなった際に病院などから安置する施設までご遺体を運ぶための自動車を寝台車と呼びます。

宮型霊柩車の減少

霊柩車と言えば豪華な宮型を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、近年では宮型ではなく洋型の霊柩車が増えているそうです。洋型の霊柩車が増えている理由の一つとして宮型霊柩車が敬遠されている事があります。宮型霊柩車は目立つため、「近隣に葬儀と知られたくない」という理由から洋型を選ぶ方が増えているそうです。また、火葬場でも「近隣住民からのクレーム」を理由に宮型の乗り入れを禁止しているところが増えているそうです。

さらに宮型霊柩車は洋型に比べて車体価格が高額であったり定期的なメンテナンスが必要などコストがかかります。このコストが葬儀費用にも反映されていたのですが、近年の葬儀費用の低価格化によって宮型霊柩車は選ばれなくなったようです。

電話をかける(無料) 資料請求