宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

生前予約(せいぜんよやく)

自身の葬儀の内容やお墓について生きているうちから予め決めておくこと。また、葬儀社などに予約しておくこと。

解説

生きているうちから自身の葬儀の内容やお墓について予め決めておき、葬儀社などに予約しておくことを生前予約といいます。生前予約は終活の一種として行われることが多く、残された人の負担を軽減することにも繋がります。生前予約では葬儀を執り行う葬儀社や葬儀プラン、葬儀の内容などについて計画をを立て、葬儀社に予約をしておきます。自身に万が一の場合があった際には予約した内容に基づいて葬儀が執り行われます。

お墓の場合については生前予約として永代供養墓や納骨堂を予約する場合が多くあります。

生前予約は葬儀社や葬儀会館、霊園が行う事前相談会などにおいて相談することができます。

生前予約のメリット

生前予約には様々なメリットがありますが、一番大きなメリットとしては残された人に負担をかけないということが挙げられます。一般的に葬儀の喪主となると決めなければいけないこと、やらなければならないことが多々あり大きな負担となります。また、大切な人を亡くした悲しみの中でこうしたことを行うには精神的にも大きな負担となります。

生前予約を行い、自分自身で葬儀の準備やお墓の準備を行っておけば、こうした負担を大幅に軽減することができます。自分が亡くなった後に残される人のためにも終活の一つとして生前予約を考えてみてはいかがでしょうか。

電話をかける(無料) 資料請求