宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

樒(しきみ・しきび)

仏教にゆかりのある植物のことを指す用語。

解説

樒(しきみ・しきび)とは常緑小高木で、毒性を保持していたり、独特の強い香りを放つため香の木(こうのき)・香芝(こうしば)と呼ばれることもあります。そのことから樒は「悪霊から死者を守る」「邪気を祓うことができる」と考えられ、古くから仏教との関連性が強いものでもあります。そのルーツを紐解くと、中国が唐と呼ばれていた時代に遡り、鑑真が日本に持ち込んだとされています。また、真言宗の開祖の弘法大師が、お釈迦様の象徴でもある青蓮華に酷似しているという理由から樒を使用して修行をしたことが起源だという話もあります。
なお、現在では葬儀に樒を見る機会は減ってきているケースが多いのですが、関西地方では未だに根強く樒を使用する風習が根付いています。
樒がどのように葬儀に活用されているかは、下記でご確認ください。

樒の使用方法

門樒

門樒(かどしきみ)は葬儀の際に玄関や入口に立てることによって、邪気を祓う効果を狙うものです。関西地域では献花よりも優先度の高いものとして扱われています。

板樒・紙樒

板樒・紙樒は会場によるスペースの関係で、樒を置くことができない状況で活用されるものです。多くは用意された紙や板に自らの名前を書くことで代用となるそうです。

枕飾り

臨時の礼拝台である枕飾りにも、ご遺体を守るために樒が用いられています。

お供え物

仏壇へのお供えとして、生花をお供えするのはごく一般的なことです。その生花と共に、仏壇が極楽浄土を表現しているという流れから、樒をお供えすることもあります。

なお、樒には花言葉があり、それは「猛毒・甘い誘惑」というようなマイナスなイメージを抱かせるものです。また、事実としてその花には猛毒を含んでいます。そのため、中には葬儀に相応しくないのではないだろうかと考える方もいることと思いますが、古来より樒は仏事のあらゆる場面で活用されてきていますので、失礼にはあたらないと解釈してよいでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求