宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

浄土宗(じょうどしゅう)

法然上人によって立教された仏教の宗派。

解説

1175年に法然上人によって立教された仏教の宗派の一つが浄土宗です。浄土宗は「南無阿弥陀仏」と声に出して唱えることで、阿弥陀仏の力をもってして人が悟りをひらけるという教えです。浄土宗の教えでは難しい修業をしなくても、念仏を唱えるだけで阿弥陀仏の力が降りかかり誰でも悟りをひらくことができると説いため、一般の人々にはとても分かりやすく受け入れやすいものでした。こうしたことから日本全国に広く広まりました。

浄土宗はいくつかの派閥があり、最も有名なのは親鸞の浄土真宗です。

浄土宗のお墓参り

浄土宗ではお墓参りの際の線香の立て方に特徴があります。浄土宗ではお墓参りの際に線香を1本だけ立てます。この時、香炉の中心にくるように立てます。他の宗派では線香を2~3本立てる事が多いため線香を1本だけ立てる浄土宗はかなり特徴的と言えるでしょう。

浄土宗の仏壇

浄土宗の仏壇にはご本尊として阿弥陀如来を祀ります。阿弥陀如来の仏像を祀る場合は一般的には立像を祀ります。また、浄土宗の場合は仏壇に仏像ではなく「南無阿弥陀仏」と書かれた掛け軸を祀るのでも問題ないとされています。状況に応じて仏像もしくは掛け軸を祀るようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求