宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

三方(さんぽう)

神事において、神饌を乗せる台を指す用語。

解説

三方とは、神道における神事で神饌(しんせん)を乗せる台のことをいいます。ヒノキなどの材木を使用した白木や、色を塗ったものが存在しています。基本的な形状としては、四角の筒(筒胴)の上に四角のお盆(折敷)がよく見られることでしょう。また、筒胴には3つ穴が開いていることから三方という名前になりました。そのため、穴が4つのものは四方と呼びます。
三方を扱うには正式な置き方や向きに気を配らなくてはならないので、下記でご紹介いたします。

三方の置き方・向き

三方を構成している筒胴と折敷には印がついています。筒胴を基準に配置するなら穴のない側を神様に向けてください。折敷を基準とするなら綴じ目が人の方を向くように調整してください。
なお、筒胴に存在している穴には特別の意味があるわけではないようで、単なる装飾だと捉えて問題ありません。

電話をかける(無料) 資料請求