宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

偲ぶ会(しのぶかい)

密葬や家族葬などが行われた後に故人と親しかった人で集まって故人を偲ぶことを指す。

解説

密葬や家族葬など近親者のみでお葬式を行った後に行われ、故人の友人や仕事関係者などが故人を偲ぶために集まる機会を偲ぶ会といいます。偲ぶ会はお別れ会とも呼ばれる場合があります。偲ぶ会は故人の葬式に参列できなかった人が故人との別れを告げる機会です。

一般的に偲ぶ会は葬儀のような厳粛な雰囲気ではなく、パーティーのような雰囲気になります。食事やお酒を提供されることも多く、参列者同士で故人との思い出を語り合ったり故人を懐かしんだりします。服装についても喪服ではなく、男性ならスーツやジャケット、女性なら落ち着いた色のワンピースなどが好ましいとされる場合もあります。

芸能人の偲ぶ会

芸能人が亡くなった場合、葬儀・告別式は親族のみで行い、その後に偲ぶ会やお別れ会が行われることが多々あります。こうした偲ぶ会やお別れ会にはファンのための献花台が設置されることも多く、ファンにも亡くなった芸能人と最後の別れを惜しむ機会がある場合もあります。偲ぶ会やお別れ会に関する情報は芸能事務所から発表されます。

芸能人の偲ぶ会やお別れ会にファンとして参列する場合は基本的には平服で問題ありません。ただし、派手すぎる服装は好まれず基本的には落ち着いた色合いの服装であるのが好ましいとされます。

電話をかける(無料) 資料請求