宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

参拝(さんぱい)

神社やお寺を訪れて、神様や仏様を拝むことを指す用語。

解説

参拝とは、神社やお寺を訪れた後に神様・仏様を拝むことを目的とした行為のことです。また、神社とお寺では参拝ルールが異なると言われていますが、それは作られた目的が違うという要因によるものです。
まず、神社は神様が住んでいる場所です。神道による流れによって、感謝と畏敬を神様に表しつつ、願掛けをする場として建てられています。それに対してお寺は仏様と一体になるという目的のために作られています。現代の参拝の目的としては、どちらも何らかのご利益を期待してという方が大半だとは思いますが、建造意図を理解した上で正しい手順を踏むことが、よりよい参拝にも繋がります。下記では詳細な参拝方法をご紹介いたします。

神社・お寺の参拝方法

神社

神社を訪れた時にまず目につくのは「鳥居」だと思います。鳥居は神域との境界を示すものなので、神社に足を踏み入れる際にはまず一礼をしてください。その後、参道を進む際には端を歩き、手水舎で手と口を清めます。これらを終えたらようやく参拝の準備が整ったといえるので、拝殿に到着しだいお賽銭を入れて鈴(鐘)を鳴らします。「二拝二拍手一拝」も忘れずに行ってください。

お寺

お寺の入り口にも鳥居と同じように、俗世との境界を表す「山門」があります。山門の前まで来たら、音を立てずに合掌(両手を合わせること)と一礼をしてください。敷居を踏まないように気を付けて進み、手水舎に着いたらまた一礼をし、右手で柄杓をもって左手→右手→口→左手→柄杓の手持ち部分を清めます。これらを終えたら参拝の準備が完了です。本堂に向かい、一礼と共にお賽銭箱にお賽銭を入れます。願い事はしてもよいとされていますので、念じたらその後の一礼を忘れないようにして参拝終了です。

なお、参拝と似たような言葉として「参詣(さんけい)」というものがあります。しかしこれは拝むことではなく、神社やお寺を訪れることが主目的のニュアンスを持っているので、意味を間違えて覚えないよう気を付けてください。

電話をかける(無料) 資料請求