宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

逆さごと(さかさごと)

死者の世界と現世とを区別する行いのことを指す用語。

解説

逆さごととは昔から行われている慣習であり、死者の世界と現世とを区別する行いのことです。宗教的な流れからくるものではなく、日本独特の概念でもあります。逆さ事にはいくつかの手法がありますので、下記でご紹介します。

逆さ事の手法

逆さ水

故人の死後、遺体を洗うことによって体を清める湯灌(ゆかん)をすることもあります。この時には基本的にぬるま湯を利用するのですが、通常だとぬるま湯は熱いお湯に水を追加する順序を踏むのに対し、逆さ水は水に熱いお湯を入れてぬるま湯を作っていきます。
なお、遺体に逆さ水をかける際にも頭からではなく、足からである点にも注意が必要です。

逆さ屏風

故人の枕元に屏風を逆さまに置くことを逆さ屏風と呼びます。逆さ屏風をすることにより、衝立として死後世界と現世を隔てることができたり、魔除けになると考えられています。

経帷子

経帷子(きょうかたびら)は故人が着る死装束のことです。これを着ることで、故人は浄土に迷わずにたどり着くことができると考えられており、着物や浴衣とは違って左襟を前にします。

北枕

北枕は、お釈迦様が亡くなった際に頭を北側にしていたことに由来するものです。北枕をすることによってお釈迦のいるところへいけると考えられています。

電話をかける(無料) 資料請求