宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

賽の河原(さいのかわら)

三途の川の河原のことを指す用語。

解説

賽の河原(さいのかわら)とは三途の川の河原のことです。ここでは親よりも先に死んでしまった子供たちが、親不孝による罪を償うために「石積みの刑」を受けます。それもただ石積みをするだけではなく、子供たちは塔を建てることを目標に石を積み上げるのですが、河原には鬼がいるとされており、完成が近づいてくると鬼が塔を壊してしまうのでそうです。そうして永遠ともいえる長い期間石積みを強いられるので、これが刑になっているという訳です。また、子供が親より先に死んでしまうことは俗信では一番の罪だとされています。
とはいうものの、最後には地蔵菩薩が来て救いの手を差し伸べてくれるようなので、子供たちが報われないということはありません。
なお、賽の河原は由来となった場所が日本各地に実在しており、その代表的なものは京都にある鴨川と桂川の合流地点である「佐比の河原」です。

電話をかける(無料) 資料請求