宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

祭壇(さいだん)

遺影や仏具、供物などを置く飾り台のことを指す用語。

解説

広義の意味での祭壇とは、飾り台のことであり、仏・神・故人に供物などを捧げることによって供養するものです。そのため、祭壇は仏式や神式といった各宗教による特徴や、国や地域の風習が顕著に現れる場所でもあります。
日本人に馴染みのある仏教では、祭壇は役割によって二つに分けられます。一つ目は、家庭における仏壇やお寺の本尊を安置する須屋壇に代表される常設型。二つ目は葬儀や四十九日の際に利用される仮設祭壇です。また、仏式祭壇にはいくつか種類がありますのでそちらも下記でご紹介いたします。

祭壇の種類

白木祭壇

仏教の葬儀用祭壇の代表ともいえるのが白木祭壇です。精巧な彫刻が施されており豪華なものが多いのを特徴としています。かつて村人総出で葬列を組んで棺を埋葬地まで運んだ「野辺送り」の際に使った輿や各種の道具が今日の祭壇に姿を変えたといわれており、当時葬列の各人が手に持った提灯なども配されています。

花祭壇

花祭壇は近年選ばれることの多くなってきた祭壇で、沢山の花で飾られていることを特徴としています。ひと昔前までは社葬や著名人のお別れの会などといった大規模な葬儀でしか見られませんでしたが、近年では葬儀の規模によらず花祭壇を選択できることが多くなっています。
なお、生花で形作っているため使えるのは1度限りで、葬儀のたびに新しく作られます。そのため、使用する花材にもよりますが、ある程度こだわりを出そうとすると白木祭壇よりも料金が高くなるケースもあるようです。

オリジナル祭壇

オリジナル祭壇は、故人の趣味や好きだったものなどをイメージした祭壇です。どのような祭壇にするかにより料金は大きく異なってきますが、一からデザインするため費用はそれなりにかかると考えられます。

電話をかける(無料) 資料請求