宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

斎場(さいじょう)

通夜や告別式が行われる会場のことを指す用語。

解説

斎場(さいじょう)とは、通夜や告別式を行うことのできる会場の総称のことです。通夜や告別式はひと昔までは自宅でされるのがほとんどでしたが、近年では会場葬を利用する家庭が増加傾向にあるため、全国における斎場数は年々増加しています。また、斎場は市町村や組合が運営元の「公営斎場」と寺院や民間が運営元の「民営斎場」の2種類存在しています。
なお、会場葬が一般化してきた背景としては、ライフスタイルの変化によって親類縁者や近所の住民との関係が希薄になっている現状や、戸建てではなくマンションやアパートに住んでいることによる住居スペースの問題が挙げられます。
公営斎場・民営斎場を利用する際の利点や欠点、費用については下記を参考にしてください。

公営斎場・民営斎場の利点と欠点

公営斎場の利点・欠点

まず、公営斎場を利用する際の利点についてですが、火葬施設を併設していることが多いのでワンストップで葬儀全般を行うことができたり、費用が比較的安価なことです。欠点としては、やはり公共の施設であるため融通が利かなかったり、街中ではなく辺境に斎場が建てられているケースが多いことです。

民営斎場

民営斎場の利点としては、運営元によっては柔軟に葬儀内容を決めることができたり、斎場へのアクセスがよい・施設が大きいといったものがあります。欠点としては、公営と比較して費用が掛かってしまったり、斎場によっては人気がありすぐに対応ができないことがあることです。

公営斎場・民営斎場の費用相場

公営斎場を利用する際の費用相場は、市町村や組合にもよりますが、大体が5~10万程度といわれています。民営斎場の費用相場としては、10万~40万といったところです。特に民営斎場は利用するプランによって費用が変わりますので状況に合わせて選択をしてください。

最後に、斎場と葬儀場の違いですが明確な違いはないとされており、意味合い自体はほとんど同じだと考えて大丈夫でしょう。それでも、あえて棲み分けをするのであれば、斎場は火葬場と葬儀ができることが大半で、葬儀場では火葬はほとんど行えないという部分でしょうか。

電話をかける(無料) 資料請求