宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

宗旨・宗派(しゅうし・しゅうは)

信仰している宗教の教義を指す用語。

解説

信仰している宗教の教義を示す言葉を宗旨・宗派といいます。もう少し詳しく解説すると宗旨は「宗教の教義」を指し示し、宗派は「その宗教の中での派閥の一つ」を表す言葉となります。一般的には宗旨と宗派は併せて使われることが多くなっています。

宗旨・宗派不問

納骨堂や墓地などを探していると「宗旨・宗派不問」と表示されている場合があります。これは「仏教であればどのようなどのような宗派でもよい」という意味になります。つまり、仏教を信仰している人であればだれでもその納骨堂や墓地に埋葬することができます。信仰している宗教が仏教以外であればその墓地に埋葬することはできません。

なお、「宗旨・宗派不問」において仏教であっても在来仏教(仏教において伝統的な13の宗派)以外については埋葬を断られる場合があります。

一方で「宗教不問」や「宗教自由」と表示されている場合は仏教以外の宗教であってもその墓地に埋葬できます。

このように納骨堂や墓地には宗教・宗旨・宗派などに制限があるため、事前によく確認するのが重要です。

電話をかける(無料) 資料請求