宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

ご令室(ごれいしつ)

電報や訃報の際、故人の奥さんに対して使用される用語。

解説

ご令室とは故人の奥さんを表す言葉です。電報や訃報に代表される、かしこまった対応が求められる際に用いられることがほとんどであることを特徴としています。これに対して故人の「夫」を表すのはご主人です。
ご令室と意味は同じですが、弔電や結婚式の際の表現は下記でご確認ください。

ご令室の表現

弔電

弔電を利用する際にご令室の呼び方を使用するのであれば、自分から見た喪主との関係性を理解する必要があります。
例えば会社の同僚や後輩が喪主であり、その母親が亡くなったら、「御母堂(ごぼどう)様」。同じ状況だが、喪主を父親が務めていたら「ご令室様」といった具合です。

結婚式の招待状

結婚式では「令夫人」の表現が一般的で、招待状を夫婦宛てに送りたいけど、奥さんの名前が分からない・・・という状況で用いられます。本来であれば宛名は名前で書くのが最も丁寧なのですが、関係性によっては名前を知らなかったり、知る術がないこともありえます。そうした状況下でも失礼に当たらないための回避手段であると覚えてください。ただし、親族や友人への使用は適切ではないため注意が必要です。

電話をかける(無料) 資料請求