宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

居士(こじ)

戒名の最後につける院号のことを指す仏教用語。

解説

居士とは、男性における戒名の最後につける院号のことで、女性は「大姉」になります。元々の意味合いとしては、出家まではしていないが、仏教徒として家庭において修行をする男性のことを指す言葉でした。「家にいる士(男性)」が転じて居士になったという訳です。戒名は最近ではお寺による貢献度を表すものとして、誰でもお金さえ出せば付けることができるという認識が広まっていますが、江戸時代あたりでは居士という院号は上級武士等にしか付けられない貴重なものでもありました。
また、この戒名というものは浄土真宗では使用しませんので、居士もまた付けることができません。

電話をかける(無料) 資料請求