宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

五具足(ごぐそく)

仏壇に添える5つの仏具のことを指す仏教用語。

解説

五具足とは、仏壇に添える5つの仏具のことで「香炉・燭台一対・花立一対」または、「香炉・燭台・花立・仏飯器・茶湯器」のことです。それぞれの用途をご説明すると、香炉はお香(お線香)を立てるための物、燭台は蝋燭を立てるための物、花立は花瓶と同様に花を立てる物、仏飯器は仏さまにご飯・茶湯をお供えするための物という具合です。
また、五具足の他にも三具足や四具足というものもあります。これらは三具足なら「香炉・燭台・花立」、四具足なら「香炉・燭台・花立一対」が基本です。宗派や地域によって具足のルールが変化しますので、仏壇を新規で購入する際は宗派や地域に合わせたものを選びましょう。
仏壇の飾り方で重要な、具足の配置としては下記を参考にしてください。

具足の配置

具足は三具足「香炉・燭台・花立」を左から花瓶→香炉→燭台の順番で配置し、燭台と花立を一対づつ使用する五具足の場合は中央に香炉→香炉の両側に燭台→燭台の両側に花立といった具合です。あくまでこれらは基本となる並べ方に過ぎませんので、仏壇のスペースがなかったり、宗派・地域によって配置が異なる可能性も大いにあり得ます。
なお具足を置く際、香炉や燭台の一本の足はお参りする方の正面にくるように調整してください。

電話をかける(無料) 資料請求