宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

骨壺(こつつぼ)

火葬後のご遺骨を納める壺のことを指す仏教用語。

解説

骨壺とは火葬を行った後のご遺骨を納める壺のことです。その歴史は飛鳥時代にまで遡り、当時は「蔵骨器」と呼ばれ、材質・形状・飾りも様々だったそうですが、明治時代以降に火葬文化が定着するにつれて、陶磁器や大理石を利用した一定の骨壺が世の中に広まっていきました。
骨壺は東日本と西日本では収骨の関係上、選ばれるサイズが異なります。東日本は「全部収骨」といって焼香後の遺骨を全て入れています。西日本では「部分収骨」といって、足から頭にかけて一部分だけを遺骨を入れます。またそのため、東日本が7寸、西日本が6寸が骨壺の一般的なサイズです。
なお、納骨場所が先祖代々の墓である場合には、スペースの関係上カロートに骨壺が入りきらないというケースもあるようです。そうした時には骨壺の大きさを調整する必要がありますので、事前に余裕があるのか確認しておく方がよいでしょう。加えて骨壺は湿気に弱くカビの影響を受けやすいという特徴を持っていますので、湿気が溜まりにくい切立ちタイプの蓋がついたものを選べばメンテナンスをする手間を省くこともできます。
注意点としては、納骨時には「埋葬許可書」というものが必要になってきますので、これは骨壺の中に一緒に入れておきましょう。

電話をかける(無料) 資料請求