宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

骨上げ(こつあげ)

火葬後に故人のご遺骨を骨壷に収めていくことを指す仏教用語。

解説

骨上げとは、火葬を行った後に故人のご遺骨を二人一組で骨壺に納めていくことです。納める際には箸を使用しますが、長さが不揃いの竹製と木製のものを1本ずつ使のが一般的です。これには、素材と長さが異なり、2人で拾うという、日常とは違う箸の使い方をすることで、不幸が続かないようにとの意味があるとされています。
通常、食事で箸を使うときに、2人で1つのものを箸で取る「箸渡し」(「拾い箸」「二人箸」などと呼ぶこともある)を行うのはマナー違反ですので、注意しましょう。なお、骨上げに「箸」を使うのは、故人が三途の川を渡るときの「橋」渡しの意味があるとされています。
骨上げは以下のように進行しますので、参加する方は参考にしてください。

骨上げの順序

骨上げは、故人と繋がりが強い人から順に進めていきます。そのため、喪主から始めて、喪主以外のご遺族、親族、親しい友人の順を基準としてください。骨壷の中で、故人が立っているような位置にご遺骨を並べるため、最初は足から骨上げをすることになります。その後、腕→腰→背中→肋骨→歯の順に、体の上に向かって骨が骨壷に収まるように入れ、頭蓋骨を入れたあと、最後に喪主が喉仏を収めます。

電話をかける(無料) 資料請求