宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

香典(こうでん)

霊前にお供えする金品および供物のことを指す仏教用語。

解説

香典とは、故人の供養のために霊前にお供えする金品および供物のことです。香典金額は故人との関係などで変わるという特徴があります。また、香典の他にも供物というものもありますが、これは花や果物を葬儀場や斎場に持参・贈ることで、仮にそれらを供える場合は香典を用意する必要はありません。
なお、香典などを用意する慣習は古くから存在しており、遺族の負担を減らすために始まったと言われております。つまりは、香典などは人々の相互扶助の心から生まれたものなのです。
香典はその渡し方も重要視されますので、下記でその流れをご紹介いたします。

香典の渡し方

事前準備をする

香典を渡す際には事前準備を入念におこなう必要があります。必須となるのは、袱紗・香典袋です。
また、袱紗には紫・紺・緑など落ち着いた色を選び、香典袋は量販店等で購入したままでなく、表書きを忘れないようにしましょう。
紙幣はお葬式やお通夜に参列するのであれば使用感のあるものを選び、袋から取り出したときに人物の顔が真っ先に見えるように入れましょう。

当日持参する

準備が完了したら当日に香典を持参します。香典を袱紗に包むだけでなく、持参する際には葬儀や法要・法事に適した鞄を活用すると綺麗な状態を保つことができます。

受付で渡す

香典は喪主や親族に直接手渡しするのではなく、受付時に担当者にお渡しします。「この度はご愁傷様でございます」などのお悔やみの言葉を伝えるだけでなく、「御霊前にお供えください」などの言葉をかけて丁寧に渡しましょう。気を付ける点としては、伝えたいことがあれば伝えても構いませんが、弔事で忌み言葉とされる重ね言葉は使用しないようにすることです。

電話をかける(無料) 資料請求