宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

結界(けっかい)

特定の場所へ不浄なものや災いを招かないために貼られる境界を指す仏教用語。

解説

結界とは仏教の考えを基にした、神聖なものと不浄なものの境界を指す単語のことです。語源としては黎明期の仏教が俗と聖域の境界を設定することで、戒律を守ることのできるように工夫した流れによるものだとされています。また仏教だけではなく、密教や神道においても同様の考えはありますが捉え方が違いますので下記でご説明いたします。

宗教別による結界

仏教

仏教では、一定の地域を聖域として定めて寺院の中に結界を貼ります。

密教

密教では、修行を行う場所に対して印を結ぶことで結界を貼ります。

神道

神道では修行場所を守るという考えではなく、穢れと呼ばれる神道独特のものを祓うための儀式に結界が利用されます。

電話をかける(無料) 資料請求