宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

血脈(けちみゃく)

説法などが師から弟子へ受け継がれることを指す仏教用語。

解説

仏教での血脈の読み方はけつみゃくではなく【けちみゃく】であり、仏教における説法・本尊・戒律などが師から弟子へと受け継がれることを意味しています。またその弟子が今度は師となり末広がりに伝わっていくことを相承(そうじょう)といい、これらをまとめて血脈相承(けちみゃくそうじょう)とも表現します。
なお、浄土真宗においてはこれを伝灯相承と呼んでいますので、別物だと認識してしまわないようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求