宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

釘打ち(くぎうち)

葬儀後の出棺の際に、棺の蓋を閉じる為に釘を打ち付ける行為を指す仏教用語。

解説

釘打ちとは、葬儀後の出棺の際に、棺の蓋を閉じる為に釘を打ち付ける行為のことです。近年ではあまり見られなくなってきた文化ではありますが、昔釘打ちを行っていたのにはいくつかの理由がありますのでご紹介いたします。

釘打ちをする理由

お墓に運ぶため

現代では棺といえば、遺体を寝かせておくことのスペースが確保されているものであるとの認識が一般的ですが、昔は庶民の間では、座棺と呼ばれる座った姿勢で棺に納められるものが多く利用されていました。そのため、野辺送り時に遺体を落としてしまうことも多く、棺に釘を打つことで安全にお墓に運んでいました。

伝染病や穢れを防ぐため

日本では葬儀後に火葬をおこなうことが一般的とされています。しかしながら、昔はほとんどの方が土葬によって生身のまま埋葬されていましたので、墓地はお世辞にも衛生的とはいえない環境でした。そのため釘打ちをして遺体を封じ込めることで伝染病を防ぐ手段にもしていました。

三途の川を渡れるように願って

釘打ちは釘を通常トンカチ等ではなく、石で叩いておこないます。これは三途の川のほとりにある石のことを示しており、故人が無事に三途の川を渡れるようにという想いも込めていました。

電話をかける(無料) 資料請求