宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

曲録(きょくろく)

僧侶が宗教儀式を行う際に使用する椅子を指す仏教用語。

解説

曲録とは僧侶が法会や法事などの宗教儀式をする際に使用する椅子のことです。特徴としては背もたれにあたる部分が曲線を描いている点と折りたたみ椅子のように持ち運びが可能だという点が挙げられます。また、デザイン性においても赤と金・黒と金といった組み合わせのようにどちらかといえば派手目なものが多く見受けられます。
曲録のルーツは鎌倉時代にあるといわれています。当時禅宗系の寺院では床を石敷きにしており、そのまま座ることが困難だったため、椅子を用意する必要があったのです。そのため宗教行事に即した椅子を考案しました。それが後に禅宗系に限らず、お坊さんの権威を示す用途で宗派を限らず使われるようになり、一般化していったそうです。

電話をかける(無料) 資料請求