宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

北枕(きたまくら)

故人の頭が北に向くように寝かせること。

解説

亡くなった人を頭が北に向くように寝かせることを北枕といいます。北枕はお釈迦さまが亡くなった際に頭を北、顔を西に向けて寝そべったとされる「頭北面西(ずほくめんさい)」の姿勢から来ています。このお釈迦様の姿勢は「涅槃図(ねはんず)」にお釈迦さまが亡くなる際の様子として書かれているため、見たことがある人も多いと思います。

仏教ではお釈迦様が亡くなった時と同じ姿勢で寝かせることで故人を早くお釈迦様の元へ行かせたいという思いから故人を北枕で寝かせるようになったとされます。つまり、北枕には故人を早く成仏させたいという思いが込められているのです。

なお、生きているのにも関わらず北枕で寝ることは一般的には縁起が悪いとされています。

北枕ができない場合

家の間取りなど環境によっては北枕が難しい場合もあります。この場合はお釈迦さまが亡くなった際に顔を西に向けていたということから西向きに寝かせてもいいとされています。万が一、西向きも北向きも難しい場合には特に方角にこだわる必要はありません。あくまで可能であれば故人を北向き、もしくは西向きで寝かせるようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求