宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

帰依(きえ)

優れたものに対して拠り所にすることを指す仏教用語。

解説

帰依という単語は日常生活においても使用される機会の多いものですが、実は神仏などの尊いものに対しての信仰を表す仏教用語で、サンスクリット語である「namas」が基になっています。そのため「仏教に帰依する」という言葉を聞いたことのある方もいらっしゃるとは思いますが、「仏教を信じ・教えを寄り処とする」ことの意味合いだと理解しましょう。似た単語には崇拝や信仰といったものものもありますので、状況によって使い分けができるとなおよいとされています。
なお、仏教に帰依する上では「三宝」と呼ばれる考え方が重要で、それを拠り所とすることを「帰依三宝」としています。仏・法・僧に分けられる三宝は、仏教の教えとそれを広める僧を指していますので、下記で解説いたします。

三宝とは

仏は仏像ではなく、仏教において最も重要なお釈迦様のことを示しています。

法は仏法のことを示しており、これはお釈迦様が説いたものであるとされています。

僧は僧侶のことを示しているのですが、一般的に葬儀でお世話になる方のことではなく、仏道の修行をしている僧のことです。お釈迦様の教えでもある法を理解するだけでなく、実行もしています。

電話をかける(無料) 資料請求