宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

四十九日法要(しじゅうくにちほうよう)

命日から数えて49日後に行われる法要のことを指す仏教用語。また、忌明け法要ともいいます。

解説

四十九日法要とは仏教における重要な追善供養であり、故人が生まれ変わる世界が決まる最終審判の日に行われる法要のことで、忌明け法要とも呼びます。
この法要によって、故人の遺族・親族・特に親しくしていた友人等が集まって僧侶に読経してもらうことで、最終審判にあたって寛大な裁きを祈り、より良い世界に生まれ変われるよう願います。
四十九日法要は葬儀と並んで重要だとされていますので、下記で事前準備や流れを把握しておいてください。

事前準備に必要なもの

四十九日法要には、まず法要を行う場所の選定と日程を決めることが大事です。場所はお寺・自宅・会館の中から則したものを選び、できるだけ人が集まれるように配慮するなら土日の日程確保をしてください。それらが決まれば次は参列者に向けて案内状を送付してください。
なお、法要後に会食の席を設けたり、引き出物をお渡しする場合にはその準備も必要になってきますので、参列者数を把握しておきましょう。
参列者の立場からは香典の持参がマナーとされていますので、立場に合わせて適切な金額をお渡しできるようにしましょう。

当日の流れ

四十九日法要は大まかにいうと4つの流れで進みます。
まずは開式における施主の挨拶です。イメージとして僧侶による読経からスタートするものだと考えている人もいますが、施主が参列者に対して参列いただいたことへの感謝や無事に四十九日を迎えられたことへの報告を兼ねた内容を話します。
その後、施主からの案内によって僧侶が読経を開始しますので、僧侶の合図があり次第血縁者から順に焼香を行います。一通り読経と焼香が終わったら、僧侶による仏法を語る法話を聞くことになり、それが終わると僧侶は退場することになりますが、退場後に僧侶を交えて会食を予定しているのであれば、施主の方は法要が始まる前までにお声がけしおくとよいでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求