宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

三具足(さんぐそく)

お香をたくための香炉、ろうそくを立てるための燭台、花を供えるための花瓶の3つの仏具を指す用語。

解説

香炉・燭台・花瓶の3つの仏具を三具足といいます。この三具足は仏具の中でも特に重要なものとされています。三具足の並べ方や色などについては宗派などにもよって異なりますので、お寺や仏具店に相談してください。

三具足のそれぞれの仏具については次のようなものになります。

香炉(こうろ)

お香をたくための器具が香炉です。故人をあの世へと導く道しるべとして焚かれるようになったとされています。

燭台(しょくだい)

ろうそくを立てるための器具が燭台です。ろうそくは暗闇を照らし穢れを浄化するものということから灯されるようになったとされています。

花瓶(かびん)

お花を供えるための道具が花瓶です。花瓶ではなく花立(はなたて)と呼ばれる場合もあります。

三具足のお手入れの仕方

香炉・燭台・花瓶の三具足は日ごろからお手入れが必要です。お手入れには洗剤などは使わず、基本的には水に濡らして固く絞った布で拭いた後に乾拭きをするので十分です。

電話をかける(無料) 資料請求