宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

四十九日(しじゅうくにち)

命日から数えて49日後のことを指す仏教用語。

解説

仏教においては逝去後、四十九日の間、故人は7日ごとに生前の行いについて閻魔大王など10名の裁判官による裁きを受けると言われていわれており、四十九日目は、7日ごとの裁きを受けて、故人が生まれ変わる世界が決まる最終審判の日とされます。
四十九日に家族や親族が集まって僧侶に読経をいただき法要を営むのは、最終審判にあたって寛大な裁きを祈り、より良い世界に生まれ変われるよう願うためです。また、その日に追善供養をおこなうことを四十九日法要と呼び、葬儀と同等に重要な節目とされています。
四十九日法要の流れとしては以下を参考にしてください。

四十九日法要の流れ

施主挨拶

四十九日法要はまず施主による挨拶から始まります。
挨拶は参列いただいたことへの感謝や、無事に四十九日を迎えられたことへの報告を兼ねた内容を可能な限り短めに済ませるのがコツです。

読経・焼香

施主からの挨拶後には僧侶による読経が行われます。また、参列者は焼香にも参加します。

説話

説話とは法要後に行われる参列者を対象とした説法のことです。内容としては仏法によるものが多いようです。

会食

説話後には会食が行われることがほとんどです。僧侶も参加することもありますが、都合によって断られることもあります。

電話をかける(無料) 資料請求